脂漏性皮膚炎はお酒で悪化する?私がお酒をやめた理由と禁酒した結果

食生活

脂漏性皮膚炎になって痒みがあると、とても辛いですよね。

痒すぎて眠れないということもあります。

少し寝る前に思い出してみてください。

飲み会などでお酒を飲んだあとに、頭やおでこがよけい痒くなったりしませんか?

仕事でしょうがなく、飲みの場に行かなきゃいけないパターンも多いですよね。

私はなかなかお酒で痒くなることに気づけませんでした。

スポンサーリンク

私もなかなかやめられなかったお酒

私もよく飲み会に行きましたが、脂漏性皮膚炎になってからは苦痛でしょうがないです。苦笑

先日、友達とごはんへ行ったときも、一杯だけお酒を飲んでしまったんです。

トイレに行ったらびっくり!

「頬がカサカサして皮めくれてる…」

帰りたい。涙

帰りはマスクして帰りました。

また、別の飲み会ではお肉を食べていたので、サワーを2杯くらい飲んでしまったんです。

もう帰ってる途中や、夜には痒くて痒くてたまりませんでした。

友達の付き合いで新宿二丁目で飲んでいたときも、脂漏性皮膚炎が悪化するんじゃないかな?と思って、ぜんぜん楽しく飲めませんでした。

私は、おそらくお酒が強く何でも飲めるし、飲まされるので平気だと思っていました。

しかし、煙草の匂いも嫌いだし、お酒を飲むことで肌が荒れるのなら、いっそ「酒をやめよう」と決心しました。

こんなに酒が原因なのか?って疑っているのに、酒をやめなかった私もだめですね。

友達に「私、断酒する」と宣言してからは、お誘いがきません。笑

脂漏性皮膚炎の人にとってお酒が悪い理由とは?

では何故、お酒を飲むと脂漏性皮膚炎が悪化するのでしょうか?

皮膚科に行っても「断酒しろ」と言われたことはありませんし、お酒が原因の場合は控えるように言われるはずですよね?

お酒が原因だという医学的な根拠はないようです。

しかし、「お酒をやめてから、症状が落ち着いた」という口コミもよく見かけるのも事実です。

アルコール分解はビタミンBを消費している


一生懸命サプリを飲んでいた私は、自分で意味のないことをし続けていたのです。

せっかくビタミン補給をしていたのにも関わらず、お酒を飲むことによってそのビタミンパワーはアルコール分解に使われていました。

本来、健康的な肌を取り戻すために飲んでいたものが、違うところに労力を注がれていて、まったく「ビタミン摂ってるのになかなか良くならないなぁ」という悲しい結果を招いたのです。

現在は、お酒をやめてチョコラBBと他にビタミンのサプリも摂っています。

明らかにお酒を飲んでいたときより調子が良いです。

顔の脂漏性皮膚炎になってビタミンBサプリにハマり始めた
顔の脂漏性皮膚炎を発症して、皮膚科に行くとビタミン剤を処方してもらいました。 肌荒れには、やはりビタミンですよね。 脂漏性皮膚炎になってもそれは一緒だったようです。 ビタミンが脂漏性皮膚炎の肌には必要なんです。 わか

肌の炎症を実は促進している?


アルコールには血管を膨張させて血行促進する作用があるようです。

確かに、お酒を飲むと体が熱くなります。
肌にもその影響が出てしまい、毛穴が炎症をおこしてしまっているようです。

もともと、肌のターンオーバーが正常にできていない脂漏性皮膚炎の肌ですから、少なからず影響を受けているといえそうですね。

糖質・脂質を摂っている


脂漏性皮膚炎にかかると、揚げ物や甘いものを控えたほうが良いとされています。

お酒がすすむと、おつまみ欲しくなりますよね。

ジャンキーなものはお酒と良く合います。

唐揚げ、ポテトフライ、、、美味しそうですよね。

また、お酒自体にも糖質が入っています。「糖質ゼロ」のビールや発泡酒があるくらいですからね。

どうしても飲み会が避けきれないサラリーマンの方もいるでしょう。

糖質が少ないお酒は、ウィスキー、ジン、ウォッカ、焼酎などです。

しかし、これが苦手だという人も少なくありません。

ウィスキーのソーダ割り・ハイボールは飲みやすいと思いますので、おすすめです。

ただ、お酒自体が脂漏性皮膚炎には良くありません。

避けれるなら、「病気で飲めない」と言って断るのも、完治へ向けての第一歩ですね。

 

お酒をやめられない方は減らしてみよう

私自身は、普段から毎日晩酌をするタイプではありませんでした。

家ではまったく飲みません。

以前は、梅酒も手作りしていましたが、作ったくせに飲まないというよくわからない状態です。笑

その代わり、外では結構飲むタイプでした。

激しい友達と遊んでいるときは、ゴハン→ハブ→ゲイバー→ゲイバーハシゴという朝までオールでタクシーで帰るという無茶苦茶な日が、月に1回~2回はありました。

テキーラやイエガーを続けて4杯くらい飲んでました。(何やってるんだ?)イエガーのが体に良さそうな味ですよね。

そんなことを毎月やっていたら、せっかく良くなってきた肌にダメージを自分で与え続けているようなもんでした。

まったく楽しくなかった二丁目の朝、私はお酒をやめよう。と思いました。

自分ではお酒が強い!と思っていても、私の肌は悲鳴をあげていたんですね。

お酒を飲み続けて、肌が赤くて痒い人生か、お酒をやめて肌がきれいな人生か、送りたいのはもちろん「肌がきれいな人生」ですよね。

脂漏生皮膚炎になって1年間禁酒した結果

ちょうど去年(2017年)の4月にお酒をやめました。

そこからまる1年、私はお酒を一滴も飲みませんでした。

私の意思はとても固く、ありとあらゆるお酒の誘惑を断り続けることができました。

その結果、「前はすごいお酒で肌が荒れていて…」と言っても、なかなか信じてもらえません。

「今は治ったんだからいいんじゃない?」と言われることも多かったんです。

それくらい化粧をしていれば、見た目も赤くはないしブツブツもなくなったということでした。

ただ、飲んだことによってまた痒くなったらどうしよう…と不安になるばかりでした。

しっかりと自分がきれいな肌だと自信がもてなかったんです。

今も、まだまだ美肌とは言い難いです。

しかし、去年の私と比べると明らかに肌が明るくなって、すべすべになっていました。

アルコールをやめただけの効果ではありませんが、スキンケアと食生活が大きいといえます。

一年後お酒を解禁したら脂漏生皮膚炎は再発した?

自分の送別会をひらいてもらう機会があり、一年禁酒していた私はお酒を飲んでみることにしました。

飲んだのはスパークリングワインと赤ワイン。

久しぶりのお酒はとても体内にしみましたが、もっと飲みたいとまでは思いませんでした。

それより酔いやすくなっている感じがしました。

そして、気になるのが「肌が痒くならないか」ということだけでした。

脂漏生皮膚炎になった以上、お酒を飲まないにこしたことはありません。

再発する病気といわれている脂漏生皮膚炎は、ちょっとしたきっかけですぐぶり返してしまいます。

肌が安定しているということは、この一年ありませんでした。

だから、不安材料は取り除くべきなのかもと感じた夜だったんです。

もうお酒は飲まなくてもいいかな?と思いました。

たまに飲むお酒は美味しいけれど、お肌が赤くなったり痒くなったりするほうがいやだから。

さて、あなたは禁酒しますか?

それとも、肌荒れのままでいいですか?

 

私の禁酒とお酒解禁体験が参考になれば幸いです。