赤ら顔が治らない!脂漏性皮膚炎の赤みを消す方法とは?

投稿者: | 2017年5月2日
スポンサーリンク

「顔、赤いよ!大丈夫?」

 

と同僚からの何気ない一言が、よけいにストレスになりますよね。

 

毎日自分の顔を見てるわけですから、赤くなっているのも気づいてるし、大丈夫じゃねーよ。って思ってました。・・・言えませんけどね。笑

「大丈夫?」と聞かれたら「大丈夫」と答えるしかない世の中です。

 

そんな世の中に対してもネガティブ思考の私。

そういったストレスも「脂漏性皮膚炎」にはよくありません。

なるべくなら、私みたいに悲観的にならずにポジティブに過ごしてほしいと思います。

 

でも、赤いし痒いし治らないの三重苦でポジティブに生きられるか!って感じですよね。

いやー、私も同意ですね。笑

 

私も赤ら顔が悩みでした。

皮膚科で処方されたステロイドを塗ると治まってはきたのですが、常用するわけにもいきませんよね。

自力で治したいと思って、クレンジング、洗顔、スキンケア、メイク用品すべて見直しながら現在も脂漏性皮膚炎と闘っています。

脂漏性皮膚炎を発症して、いちばんひどい赤ら顔の状態から、今ではファンデを塗ればパッと見では脂漏性皮膚炎とはわからない状態になりました。

(すっぴんは、まだ少し赤い…)

 

今回、私の赤ら顔に効果があったものを紹介していきたいと思います。

脂漏性皮膚炎は、人それぞれ色んな方法で完治する場合が多いです。「これをやったから治る!」というわけではないので、本当に難しいですよね。

ここで紹介している商品も、私が試して良かったなと思えたものなので、ご承知おきください。

 

コラージュフルフル泡石鹸

「コラージュフルフル泡石鹸」を使うようになって明らかに鼻のテカりが少なくなったように思います。

テカりだけでなく、あんなに頑固だった赤みが徐々にひいてきたんです。

 

「コラージュフルフル泡石鹸」は、抗カビ成分のミコナゾール硝酸塩と、殺菌成分のトリクロサンが、カビと細菌をダブルで抗菌してくれます。

無添加の石鹸でも、私は特に悪化したわけではないのですが、菌を抑制してくれたりといった効果はなかったんですね。

ただ、肌には優しいんです。

優しいから悪化はしないけど、良くなるわけではなかったようです。

 

「コラージュフルフル泡石鹸」で抗菌すると、少しつっぱる場合があります。

私はそれが皮脂を落としてくれているんだなと感じるのですが、乾燥肌の方にとってはそれが非常に辛いようです。

私も今後真冬に使用して、肌が乾燥しすぎるなぁと思ったら、毎日でなく週2~3回などに減らしてみようと思います。

詳しい使用感レビューはこちらです。

関連記事:顔の脂漏性皮膚炎に本当に効果がある?「コラージュフルフル泡石鹸」をついに試しました。

 

枕と寝方を変えてみる

何気ない…いつもの癖も実は良くなかったのでは?と思わざるおえません。

私はいつも右を向いて頬が枕に当たるように寝ていたのです。

これは癖になっていて、なかなか治せずに苦労しました。

 

しかし、脂漏性皮膚炎になり薬をつけたりティートリークリームを顔に塗って寝ることが多くなり、必ず上をむいて仰向けで寝なければなりません。

せっかく塗ったクリームが髪や枕についてしまいます。

それを避けるには仰向けで寝るしかありませんでした。

 

やっぱり枕汚かったんでしょうね。

枕も毎日洗うわけにはいかないので、枕にいつもきれいなタオルを敷くようにしました。万が一、寝返りをして右を向いてしまいかねませんからね。

 

・仰向けで必ず寝る

・枕にタオルを敷く

 

たったこれだけで、右頬の赤みがひいてきたように思います。

仰向け以外で寝ると、体に歪みも出てきますし良いことだらけだなと思っています。

 

シュセラ モイストゲル

「コラージュフルフル泡石鹸」で抗菌しても、ちゃんと保湿をしないとなかなか完治はしないことがわかりました。

せっかく皮脂を落として、カビを抑制しているのに、そのままにしておいてはいけません。

 

そこで「セラミド」が重要なんです。

瀕死の状態の脂漏性皮膚炎の肌は、正常に肌がターンオーバーできません。

ターンオーバーできていないと、本来自力で作られるセラミドが圧倒的に足りていないのです。

 

セラミドが不足していると、水分を保持することができなくなり、乾燥してしまいます。
また、バリア機能が低下するので、ありとあらゆる肌トラブルが発生するんですね。

いつも自力で作られていたセラミドは、ターンオーバーが正常でないと生み出すことができません。
年齢を重ねると、徐々にターンオーバーが遅くなったり、生活習慣や寝不足、ストレスで乱れますよね。

 

自分で作れない状態なら、補うしかないですよね。

ここで私は、天然ヒト型セラミド配合のシュセラ モイストゲルでセラミド補給することにしたんです。

この天然ヒト型セラミドは、合成セラミドの約3倍とも言われる保水力を持ち、年齢とともに失われていくセラミドの働きをしっかりサポートしてくれるんです。

恥ずかしながら30代前半、セラミドがこんなに重要だと思ってもいませんでした。

 

詳しい使用感レビューはこちらです。

関連記事:脂漏性皮膚炎にはセラミドがやっぱりすごい?オールインワンの「シュセラ モイストゲル」を試してみました。

 

赤ら顔を治す3箇条

・コラージュフルフル泡石鹸で洗顔する

・仰向けで寝て枕を清潔に保つ

・シュセラ モイストゲルでセラミド補給する

 

私は、この3つでかなり改善したように思います。

「トラブルがない」「悪化しない」というスキンケアも大事だと思うのですが、「良くなる」と効果が感じられるものを使っていきたいですよね。

あー早く完治したいです。

これからも続けていこうと思っています。

また、効果があったものはブログでお知らせしていきますね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。