顔のニキビが治らない?皮膚科に行ったら「脂漏性皮膚炎だ」と診断された話。

投稿者: | 2017年3月1日
スポンサーリンク

環境の変化?とにかく乾燥しまくる…

転職して、エアコンがんがんのめちゃくちゃ乾燥する職場に毎日いたら、肌の乾燥が止まらなくなってしまいました。

その割には、鼻がテカったりするんです。

なんだか肌の調子がずっと良くないのです。

肌がきれいでないと、ほんとにテンション下がります。

 

やる気なくします。

辞めたい。(←転職したばっかりw)

我慢の限界。肌荒れで皮膚科へ行っちゃえ。

目に近い頬の部分が、赤くてニキビのような吹き出物のようなブツブツができてしまいました。

しかも、たまに少しだけ痒かったりします。

でもって、乾燥してカサカサな部分もあるのです。

 

なんなんだろう、顔ダニとかなのかなー。

 

毎日毎日「ニキビ 乾燥 30代」「頬 赤い 30代 治らない」っていうのを検索していました。

とにかく、乾燥がいけないと思い込んでいたのです。

 

乾燥すると皮がめくれたようになっている部分も気になるし、もうとにかく保湿しなきゃいけないんだと勝手に信じ込んでいました。

 

ワセリンを塗ったり、ホホバオイルを塗ったり、とにかく保湿に効くであろうものを塗りたくっていました。

しかし、いっこうに良くなりません。

 

もうどうしたらいいかわかりません。

 

乾燥は皮膚科でもらえる「ヒルドイド」が効くとネットで見ました。

とにかくこれは効きそう。

 

私も欲しい。

と思って、皮膚科を受診することを決めました。

 

皮膚科に行くと、乾燥より赤みを治す方向に。

 

「乾燥している部分より、頬の赤くなっている部分と吹き出物になっているところを、まず治しましょう。」 と、そんなに乾燥は問題視されませんでした。

 

でも乾燥も気になるんだよ。

 

赤い部分も気になるんだよ。

 

とにかく、洗顔をしっかりして、このローションを塗るだけでいい。と言われました。

それが、こちら「ビーソフテンローション」です。

ビーソフテンローション0.3%は、乾燥肌やアトピーの改善にとっても役立つと言われていて、主に皮膚科で処方される低刺激で保湿力の高いローションです。

「ヘパリン類似物質」という保湿成分が入っており、とても保湿力・保水力に優れているということです。

内心、ヒルドイドが良かったー。とも思いましたが、さっぱりした化粧水タイプで、これを毎日洗顔のあとにつけるように言われました。

しかし、なかなか一週間経っても、イマイチ良くなっている気がしないんです。

赤みもひいているわけでもなく、乾燥もおさまったわけでもない。

このまま治るのか不安になり、違う皮膚科でまた受診してみようと思いました。

 

セカンドオピニオンで、違う皮膚科へ行く。

前回は、自宅近くの皮膚科へ初めて行ったのですが、今回は「口唇ヘルペス」でよくお世話になっている、職場近くの皮膚科へ行きました。

 

案の定「また、ヘルペス?」という扱いでしたが、今回は違うんです。

 

「肌の赤みとブツブツと乾燥が気になるんです。」

 

おくすり手帳を持っていき、このような処方をされていますが、どうでしょうか。と相談をしました。

「ビーソフテンローション」は良い薬だから、そのまま使用して、その後「スピラゾン」というステロイドを処方され塗るように言われました。

 

そして、「脂漏性皮膚炎」って知っている?とお医者さんに言われました。

 

この可能性があるから、まずはこれを治すためにステロイドを使用します。ということみたいです。

ニキビと似ているけど、違う病気でなかなか治らない。

 

他にやってはいけないこと、注意することなどを聞きました。

 

私がやっていたNGすぎる行為

・朝のシャワーで熱いお湯を顔に浴びる

これ、結構習慣になっていました。 クレンジングしてお湯で流す。

洗顔もしてお湯で流す。

しかも、シャワーをそのまま顔に当てて流す。

今思えば、こんな刺激のあることをよく毎日毎日やっていたもんだ。ということがわかります。反省。

 

・朝お風呂に入らない日は、洗顔は水だけ

めちゃくちゃ乾燥肌でもないのに、なぜか朝は「水洗顔だけ」の方が肌にはいい。と思っていました。 きっとテレビが雑誌かネットで見たんでしょうね。

 

でも、私は乾燥肌ではありませんでした。

それよりきちんと皮脂など汚れを落としきれずに、化粧をしていたのです。

それで、肌が荒れる一方でした。

朝もきちんと石鹸で洗顔をするようにと言われました。

 

・肌が弱っているときに酵素洗顔してしまう

まじ、何やってんだよ。って感じですよね。私の肌からしてみたら。

毛穴が開いてしまって、角栓も気になる。酵素がいい。というので、わざわざ酵素洗顔を買ってきたのに、肌が赤くなりぶつぶつができてしまいました。

 

肌は、やはりストレスや食事にも影響が出ます。 脂っぽい食事が続いたりすると、肌荒れたりニキビができてしまいますよね。 そういったものはなるべく避けたほうがいいということです。

 

ステロイドを処方されて、使ってみる。

「スピラゾン」を塗って寝ると、徐々に赤みがひいてきました。

さすが、薬。ステロイドです。

常用するのは良くないけど、やはり効くのかなと思います。

炎症している部分に、けっこうたっぷりめに塗るように言われていました。

それで、保湿されるから大丈夫らしいです。

 

一ヶ月ほどは、「ビーソフテンローション」→「スピラゾン」で過ごしていました。 それが、私は相性が良かったらしく治ってきました。

 

しかし、いつかはステロイドはやめなければなりません。 ローションもなくなります。 そのあと、どんなスキンケアが合っているのかわかりませんでした。

 

ここから、また脂漏性皮膚炎のスキンケアの闘いが始まります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。