イエベなのに肌がくすむ?カバーマークで色診断をしてもらったらブルべだった

こんにちは。

昔、私はカバーマークでファンデーションを買っていました。

敏感肌の先輩が「カバーマークおすすめだよ!」と言っていて、デパコスデビューを二十歳頃にしました。

私は、最近ファンデーションの色に悩んでいたんです。

「そのころ使っていたファンデーションの色を覚えておけばよかった…」

と思い、久しぶりに高島屋に寄ったらカバーマークが入っていたので、調べてもらいました。

スポンサーリンク

夕方「肌がくすむ」は当たり前ではない

  • 夕方化粧が崩れる…
  • なんか疲れて見える…
  • めっちゃくすんでる…

毎日こんなことを感じていました。

それは仕事をしていて単純に疲れているからなのかなぁって諦めていたんです。

また、脂漏性皮膚炎を発症してから、顔のトーンが下がったというか…

頬は赤い部分もあるし、小鼻の両脇も赤かったりする。

もともと色白ではありますが、脂漏性皮膚炎を発症する前より、白くなくなってしまったんです。

首より顔の色が濃いんですね。

ただ、顔の色に合わせると首の色とまったく合いません。

これが悩みでした…。

カバーマークのジャスミカラー理論

「人の肌は、表面的な色だけではなく、皮下を流れる血流の色影響(=スキンアンダートーン)が、肌色を決定する大事な要因である」というのが<ジャスミーカラー>理論。
この理論に基づき、導き出されたスキンアンダートーンがブルーベースとイエローベースの2タイプです。スキンアンダートーンは人種や性別、肌の色の明るさに関係なく、すべての人がほぼ半々の割合でいずれかに当てはまります。

引用:<ジャスミーカラー>理論とは

カバーマークでは、独自のジャスミーカラー理論により、イエローベース・ブルーベースと決めています。

実際のパーソナルカラー(春・夏・秋・冬)とは違い、カバーマークのジャスミーカラーでどの色が合うかを見ます。

ジャスミーカラーテストをしてもらった

この理論により、イエローベースかブルーベースか見てもらいました。

うすうす気づいてはいましたが…

実際に色を塗ってもらうと、イエローベースのものはイエローが濃くて明らかに濃いのです。

ブルーベースは、きれいに見えるというか私の肌になじむようでした。

ということで、私は「ブルーベース」だったんです…!

瞳の色も茶色の方だし、髪も真っ黒より茶色のが似合うと言われていたので、イエロー寄りかなぁと勝手に思っていたんですね。

しかし、腕の静脈は青いし、あとでヤフー知恵袋の「私はブルベですか?」みたいな写真つきのものによると、明らかに一緒です。

参考 手の血管でイエベ、ブルベがわかるらしいのですが、私の場合どっちですか?

気になる人はカバーマークで調べてもらおう

私は、以前自分がカバーマーク愛用者でした。

しかし、「みてもらう!」だけでは、BAさんも嫌ですよね。

商品の良さを知って、できるなら買ってもらいたいわけです。

買ってもらう前提でなくても、商品に興味をもってなくて見てほしいだけの人には、タッチアップしたくないはずです。

忙しい時間帯なら尚更ですよね。

私は、下地を探していたので、自分に合ったら買おうと思っていました。

しかし、下地とクリームファンデ、おまけにクレンジングまで購入してしまいました…。笑

それくらいとっても良かったんです!

脂漏性皮膚炎の人はクレンジングミルクがおすすめ

脂漏性皮膚炎の方は、やさしいカウブランド 無添加メイク落としミルクを使ってる方もいると思います。

物足りないな…でもミルクがいいな…って思ってる方には、このカバーマークおすすめです!

ミルクなのにすごく落ちます。

たっぷり4プッシュくらい使うので、メイクがミルクとなじんで浮いてくるんですね。

洗い上がりもしっとりで、是非使ってほしいです。

お店でタッチアップしてもらうか、パッチテストもしてみてくださいね。

今なら、クレンジングのサンプルが貰えたので、サンプルから使うことをおすすめします。

使い勝手よい一週間分なので、すぐサンプルはなくなってしまうかもしれません。

自分に合うものを見つけると、スキンケアもメイクも楽しいですよね!

一緒に合うものを見つけていきましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする