JUICY COMPLEX

アーモンドの食べ過ぎはニキビが悪化する?気になるカロリーは?

time 2017/06/13

アーモンドの食べ過ぎはニキビが悪化する?気になるカロリーは?
スポンサーリンク

こんにちは。
脂漏性皮膚炎歴・半年のナナメドリ(@nanamedori)です。

半年前、脂漏性皮膚炎と診断され、現在痒みも赤みもなくなり、ほぼ完治になりました。
最近、治ってきたのが嬉しくて「アーモンド」にハマっています。
(今食べながら書いてます笑)

皆さんは、「アーモンド」好きですか?

美味しいですよね。

でも「アーモンド」って、ニキビが出来そうなイメージありますよね。
なんか皮脂がまた過剰に出てきそうな感じ。
調子に乗って食べていたら、また吹き出物が出てきそうってビクビクしています。

本当に「アーモンド」で、肌の調子が悪くなるのか調べてみました!

アーモンドの栄養成分

脂漏性皮膚炎にかかってから、私は化粧品の成分表示も確認しますが、食品もするようになりました。

さっそくアーモンドの栄養成分も確認しましょう。

可食部100gあたり
エネルギー 621kcal
たんぱく質 19.1g
脂質 53.3g
糖質 10.3g
食物繊維 11.8g
ナトリウム 4mg
カルシウム 210mg
鉄 2.9mg
ビタミンE 29.4mg
ビタミンB1 0.08mg
ビタミンB2 1.11mg

これは今、私が食べている食塩無添加の素焼きアーモンドです。

ぱっと見、どうですか?

栄養価がある分、カロリーも高いですね。

脂質も気になりますが、食物繊維やビタミンE、ビタミンBも入っているんです。

合わせて読みたい
▶顔の脂漏性皮膚炎になってビタミンBサプリにハマり始めた

実は美肌にも良いアーモンド

実は、アーモンドには優れた美肌効果があったのです。

アーモンドには、ビタミンEが含まれています。
100g中、約30gもビタミンEが含まれている食品は多くないのです。
ナッツ類のピーナッツと比べると、約3倍もの含有量です。

ビタミンBばかりが、美肌にしてくれるわけではありません。

ビタミンEは、強い抗酸化作用があり活性酸素と闘い、身体の酸化を防いでくれるのです。
アンチエイジングや悪玉コレステロールの酸化を防ぐためにも有効です。
ニキビが悪化する原因も活性酸素なので、これを抑制してくれることで、身体の中からきれいになるのです!

血液をさらさらにする効果もあり、血行がよくなり、肌のターンオーバーも活発になります。

アーモンドを食べたらニキビができるのは迷信?

長年「アーモンドを食べたらニキビが出来るよ」と言われていました。

私も、なんとなくナッツ類は食べたらニキビができそうだなぁと思い込んでいました。
実は、医学的に根拠もないそうなんです!
びっくりですよね。

しかし「ニキビが出来てしまった」という人もいないわけではないのです。

チョコレートやクッキーと一緒に摂ることが多いアーモンドは、とても美味しいです。
美味しいのですが、その分糖質もとっていることになります。
栄養価は高いアーモンドですが、脂質も高いですよね。

食べ過ぎには注意しましょう。

まとめ:アーモンドの正しい摂り方

●素焼きのアーモンドを選ぶ
●1日10粒~20粒が目安

素焼きでないものは油で揚げてある可能性があります。
油はニキビの大敵、脂漏性皮膚炎の大敵です。
素焼きのアーモンドを選びましょう。

あまり食べ過ぎも良くありません。
食物繊維も入っており、お通じも良くなりますが、食べ過ぎると胃が痛くなるようです。
気を付けてください!私は食べ過ぎました。(お腹がゴロゴロしました涙)

私は今日はハマって食べ過ぎてしまいましたが、1日20粒以内であれば続けてもよさそうですね!

個人的には、1日10粒くらい続けていると、心なしか肌の調子が良いです★

できればいっぱい食べたいアーモンド
食べ過ぎ注意!
スポンサーリンク

書いている人

ナナメドリ

ナナメドリ

脂漏性皮膚炎と闘うスキンケア日記を書いています。 2016年12月に「脂漏性皮膚炎」と診断され、日々化粧品などを試しながら、完治に向けて頑張っています。 乾燥赤みブツブツに苦しんで、自分に合った商品を探し中。

スポンサーリンク